雫石町歴史民俗資料館

雫石町歴史民俗資料館 御所湖にある雫石民俗資料館は、御所ダム建設による水没を契機に、それまで地域に伝わってきた貴重な資料の消滅・散逸を防ぎ、保存と学習の場とするために昭和49年に作られました。開館以来、多くの見学者が訪れています。

※資料館本館先史時代の土器・石器や古文書類、雫石特産の織物「亀甲織」(きっこうおり)や筏流しの資料などを展示しています。旧御所村の消防ポンプや御所ダム建設前の航空写真もあり、昔の様子を知ることができます。

※南部曲り屋現在では県内でもほとんど見ることができなくなった茅葺き屋根の南部曲り屋。資料館では、ダム水没地にあった南部曲り屋を移築し、開放しています。築100年以上の曲り屋の中には明治から昭和までの民具・農具がたくさん!!往時の生活を今に伝えています。

この他、資料館には水車小屋や竪穴式住居もあり、どちらも自由に見学できます。入館無料!!皆様どうぞお越しください。

【開館時間】9:00~16:00(定休日:木曜日・年末年始)

【入館料金】入館無料

住所

〒020-0572

岩手県岩手郡雫石町西安庭15-39-7

電話&FAX

TEL:019-692-3942

FAX:019-692-3942